加齢臭の対策で出来ること

*
加齢臭の対策で出来ること

加齢臭の対策、まず原因を知ろう!


898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_s


年齢に個人差はありますが、だいたい40歳を過ぎると、中高年特有の「加齢臭」が発生し始めます。加齢臭というと男性のオヤジ臭さのイメージがありますが、実際は男性だけでなく女性にも発生するものです。

加齢臭の原因は、「ノネナール」という物質。皮膚の毛穴の中にある皮脂が過酸化物質によって酸化・分解されることで「ノネナール」というニオイ物質が発生します。

さらに、加齢とともに、体を酸化させる活性酸素が増えると過酸化脂質が増加し、ノネナールの発生を促進してしまいます。ノネナールは若い頃はほとんど発生せず、40歳を超える頃から急増してきます。


加齢臭のモト、ノネナールを抑えるには

加齢臭の原因である物質「ノネナール」は、脂質を多く含む食べ物でさらに増加してしまいます。加齢臭が気になり始めたら、脂質の多い食べ物(牛肉、卵、揚げ物、チーズ、ウインナーなど)は控えめにするほうがよいでしょう。

ノネナールの増加には食べ物以外にも活性酸素が大きく関わってくるので、ストレスをためこむ生活、不規則な食事、運動不足、喫煙など、いわゆる一般的に不健康なイメージのある生活はNG。

また、ニオイのモトは体から出るノネナールなどの分泌物ですが、衣類がその分泌物を吸い取ることで雑菌が繁殖し、さらにニオイを強めてしまいます。ですから体や衣服を清潔に保つよう心がけることはとても重要です。

加齢臭を気にして「自分はクサいかも」と不安になりすぎると、それがかえってストレスとなり活性酸素を増やし、加齢臭をさらに発生させてしまうことも。

悪循環になってしまう場合がありますので、あまり悩みすぎない、気にしすぎないこともとても大切です。


加齢臭対策、自分のニオイを知ろう!



2680158f43e13171416f8cad1cad56fb_s


自分のニオイ、他人にどんなふうに感じられているのか、気になりますよね。 自分のニオイは自分ではなかなか気づきにくいもの。

その理由は、人は同じニオイをずっと嗅いでいるとそのニオイに対して鈍感になり、ニオイを感じなくなってしまうのです。加齢臭に限らず、自分のニオイには都合よく慣れてしまうということ。

自分は加齢臭とは無縁だ…と思っているのは実は自分だけで、回りにはクサいと思われているかもしれません。


自分の加齢臭を確認する方法

ふだんは気づかない自分のニオイ、客観的にはどんなニオイなのかを確認する方法があります。ニオイの出やすい部位をティッシュで拭ってみて、そのティッシュのニオイをすぐに嗅いでみると、自分の体臭がわかります。

ニオイの出やすい部位としては、皮脂腺の多い場所。具体的にいうと、「頭皮」「額から鼻にかけてのTゾーン」「耳の裏」「首の後ろ」などがあります。

特に、頭皮は皮脂の分泌が多いため、一晩しっかり頭皮を押し付けられた枕にはニオイが発生しやすいものです。自分の枕からのニオイが気になり始めて、加齢臭を自覚するようになったと言う人も少なくありません。

また、「背中の真ん中あたり」も加齢臭が出やすい部分です。衣類を脱いで、背中の部分のニオイを嗅いでみるのもよいでしょう。

ニオイの感じ取り方は人それぞれなので、自分ではクサいと思っても、ある人には全然気にならなかったり、またその逆もあります。

ニオイに対してあまり過敏になって気にしすぎると精神衛生上良くありませんが、自分のニオイを確認したら、そこから自分にあった対策を始めてみましょう。


記事

883b9f1db4e381280578a8c3130e41e8_s

今すぐ始めたい、加齢臭対策!

気になる加齢臭や体臭は、程度の差はあれ、誰にでもあるものです。悩んでいるよりもまずエチケットとして、ニオイ対策を考えましょう。 加齢臭対策としては、やはり身体を清潔に保つことがいちばん重要ですが…